7.04.2011

A day at the Shizugawa High School evacuation center in Minamisanriku.

南三陸町、志津川高校避難所での1日

[NOTE: If you would like to help the people of Japan, please visit the Ai Love Japan website to see how we are now providing direct aid to the people in the hardest hit areas of Fukushima, Iwate and Miyagi Prefectures.]

May 18, 2011; Minamisanriku, Miyagi Prefecture, Japan – It’s 4:50 in the morning and golden rays of sunshine are already streaming through the glass block windows at the Shizugawa High School Judo Dojo. The sound of rustling blankets can be heard coming from one corner while sounds of snoring emanate from all around. The sliding metal door opens and closes as early risers tend to their morning business.
日本北東部にある宮城県、南三陸町—時刻は現在、午前4時50分。志津川高校の柔道場にはめ込まれたガラスレンガの窓からは、すでに黄金に輝く太陽の光が射し込んでいる。道場のあちこちで轟くいびきをバックに、どこかから毛布の擦れ合う音が聞こえてくる。金属製の引き戸が開き、そして閉まった。早起きの人の朝はすでに始まっているようだ。

There is no running water. Six portable toilets are lined up outside the dojo – three for women and three for men. A five gallon (20-liter) plastic jug with a spout and a plastic bowl serve as a temporary sink. Soap, hand sanitizer, paper towels and a wastebasket sit next to the jug of water. Cleanliness is of the utmost importance to prevent the spread of germs and diseases.
ここには蛇口から出てくる水はない。柔道場の外には、女性用と男性用が3つずつ、計6つの簡易トイレが並んでいるが、その脇に設置されたプラスチック製の水がめが、仮設の流し台に5ガロン(約20リットル)の水を供給しているのだ。そこに並んでいるのは、石鹸、殺菌用のハンドローション、ペーパータオル、そしてゴミ箱だ。黴菌や病気の蔓延を予防するには、なんと言っても清潔なことが重要だ。

At 5:30 a.m., Jun Suzuki is standing outside the entrance of the dojo wearing a pair of burgundy sweat pants and a long-sleeved black t-shirt under his black surfboard aloha shirt. While he takes his morning smoke, two ladies walk by and they greet each other with a softly spoken “Ohayou gozaimasu.” It’s a friendly exchange between fellow evacuees.
午前5時30分。道場の入り口の前に1人の男性が立っている。えんじ色のスエットパンツに黒の長袖シャツ、その上に黒のアロハシャツを引っかけているこの人の名は鈴木 淳さんという。朝の一服をする彼の前を2人の女性が通りがかった。すれ違いざま、彼らは静かに「おはようございます」、と挨拶を交わした。そこには同じ避難者としての仲間意識がたしかに存在する。

The morning is brisk as a new day begins at one of the 41 evacuation centers set up in Minamisanriku after the March 11, magnitude-9.0 earthquake and tsunami struck northeastern Japan and nearly wiped out this small fishing port in the Miyagi Prefecture.
3月11日、マグニチュード9.0の地震と津波が日本の北東部を襲い、宮城県に位置するこの小さな港町もほぼ壊滅状態となった。そんな南三陸町には41か所の避難所設けられているが、その1つであるこの避難所の1日の始まりには、まだ寒気が肌を刺す。

Suzuki is one of 105 residents at the Shizugawa High School Evacuation Center that sits on a hill above the town where his house once stood just over 12 weeks ago. Most of the residents here escaped with only the clothes on their back. Some, like Suzuki, are just lucky to be alive.
鈴木さんは志津川高校避難所で生活する105人の避難者の1人だ。この避難所はほんの3か月前まで彼の家があった町を見下ろす高台にある。ここにいる避難者のほとんどは、あの惨禍から着の身着のままで逃げてきた。鈴木さんのように死を免れた人々は、ただただ幸運なのである。

At 5:50 a.m., Suzuki walks across the soccer field and down two flights of stairs to the Tokubetsu Yogo Homu Jikein, a special nursing home for the elderly, where he and his parents fled after they saw the tsunami engulfing their hometown. Inside, he walks down a dark, debris littered hallway and leads us into the room where they were trapped by the tsunami floodwaters.
午前5時50分。鈴木さんはサッカー場を通り抜けて階段を下りた。向かった先は特別養護ホーム「慈恵園」だ。特別な老人介護施設であるこの建物には彼の両親が身を寄せている。彼らは自分たちの町が津波に飲み込まれるのを見て、ここへ避難してきたのだという。建物の中に足を踏み入れると、そこは瓦礫の散乱した暗い廊下だ。その先には、災害当日に津波がもたらした洪水によって、彼らが閉じ込められてしまった部屋がある。

Over two months later, you can still see the brown waterline just below the ceiling indicating just how close they were to drowning. There was only a foot of air space left to breath. He reaches up towards a metal curtain rod and explains how he hoisted himself up to keep his head above the water. “I thought I was going to die,” he said. If the water kept rising for another few minutes, he and his parents probably would have joined the list of over 14,000 people confirmed dead or missing in the Miyagi Prefecture alone.
2か月が過ぎた今となっても、部屋の天井から数センチのところに茶色に変色した水の跡が見てとれる。彼らがいつ溺れてもおかしくなかったことは一目瞭然だ。呼吸が許されたのは、足の大きさ程度の幅のわずかなスペースしかない。鈴木さんはカーテンレールに手を伸ばすと、水面から顔を出そうとあがいていた状況について語り出した。「死ぬんだと思った」、そう彼は言った。死亡者や行方不明者の数は宮城県だけで14,000人にものぼっている。あと数分の間、水かさが増し続けていれば、彼の名も彼の両親の名も、その名簿に加わっていただろう。

Suzuki’s story is just one of the many survival stories to be heard from evacuees who now live in 2559 shelters located throughout Japan. While their lives have all changed forever, the residents try to move forward and return back to as much of a normal life as one could possibly have under the circumstances.
鈴木さんの話は、日本にある2559か所の避難所で暮らす多くの避難者か体験したことの1つにすぎない。生活はすっかり変わってしまったものの、彼らは前を向き、そしてこの状況の中で最大限の「普通の生活」を取り戻そうとしている。

At 7:00 a.m., the school children are all dressed in uniform and board shuttle buses bound for schools in Iwanuma, 30 minutes away. The parents who still have jobs, go to work just as before. Others do chores around the shelter. The elderly go for walks or sit around drinking tea, eating sembei and talking with their new neighbors on the other side of the three-foot high, 1/8-inch thick cardboard wall that separates them. This is their new life living in an evacuation center.
午前7時。制服を着た子どもたちが30分離れた岩沼にある学校へ向かうため、スクールバスへと乗り込んだ。今もなお仕事を持っている親たちは、以前と同じように仕事へと向かう。一方、残された人たちは避難所での雑用を片付ける。お年寄りは散歩に出かけたり、お茶を飲んだり、せんべいを食べたりとさまざまだ。なかには、高さ3フィート(約1メートル)、厚さ8分の1インチ(約3ミリ)の段ボールで隔てられた「隣人」と会話している人たちもいる。

There is very little privacy. As you walk through the shelter, you can see inside each family’s living space. You can see who’s neat and who’s messy. One family made a door that opens and closes. Another made a sliding door held by a clothes clamp. Blankets are neatly stacked against the cardboard walls.
ここにはプライバシーなどほとんど存在しない。歩いていると、それぞれの家族の生活スペースが丸見えだ。誰が綺麗好きで誰が散らかし放題なのかは簡単に見てとれる。ある家庭には、開閉する扉がしつらえられていた。また、積み上げた洋服を支えにして引き戸を設置している家庭もある。段ボールの壁の脇には、毛布がきれいに積み重ねられている。

There are 40 families living in the roughly 3000 square foot dojo. None of the cardboard cubicles is more than 70 square feet. Despite the cramped quarters, there have been no conflicts. Everyone has adapted well to their new living conditions. Everyone understands each other’s plight. This is their new community.
およそ3000平方フィート(約170帖)の道場には40世帯の家族が暮らしている。段ボールの家はすべてが4帖以下だ。だが、たとえどんなに窮屈な状況でも、もめ事は起こっていないという。誰もが新しい環境にうまく自分たちを順応させている。大変なのが自分たちだけではないことを皆が理解している。そう、これが彼らの新しいコミュニティーなのだ。

At noon, lunch is served for the few residents who remain at the dojo during the day. There is a full kitchen they can use to prepare family style meals in large metal pots and bowls. Today, they are having packaged onigiri (rice balls), takikomi gohan (mixed rice) and miso soup.
正午。日中を道場で過ごすわずかな人に昼食が配られる。器具のそろった厨房で作られるのは、大きな鍋やボウルに入ったセルフサービス方式の料理だ。フィルムでラップされたおにぎりと炊き込みご飯、そして味噌汁が今日の献立だ。

After lunch, some residents walk upstairs to browse through the free market. Residents can pick up every day items like diapers, soap and clothing as well as books, toys and school supplies free of charge.
昼食を終えたあと、数人の避難者が階上にある配給所へと向かった。そこではおむつや石鹸や衣類といった日用品、さらには本やおもちゃ、そして学用品が無料で支給されている。

Outside, final touches are being completed on the newly constructed temporary housing units. The protective fencing is being removed and asphalt was being finished and sealed, but the units will remain uninhabitable for the near future. There is still no running water in many parts of Minamisanriku. The water supply is still contaminated from the tsunami that flattened this quiet town nestled between the hills of cedar trees and the Pacific Ocean.
近隣では仮設住宅の建設が最終段階に入っていた。防護フェンスが外され、アスファルトの舗装工事も完了しようとしている。だが、避難者が仮設住宅に入居できるのはまだ先である。南三陸町の多くの地域で、まだ水道が復旧していないからだ。スギの木が生い茂る太平洋岸のこの静かな町を破壊した津波…その影響で水道水はまだ汚染されたままなのである。

Wet clothes dance on the clothesline in the afternoon breeze while another load of laundry is agitating in the washing machine. Nearby, Sena Sato, 4, and Ruka Sato, 5, each play with a hula-hoop.
物干しざおに掛けられた衣類が午後のそよ風に揺れている。第二便の洗濯物は洗剤の泡にまみれながら、洗濯機が仕事を終えるのを待っている。すぐそこでは、5歳のさとるかちゃんと4歳のせなちゃんの姉妹がフラフープで遊んでいた。

At 2:30 in the afternoon, Japanese Self-Defense Forces from Okinawa, who are stationed at the high school, off load cases of dried kitsuden udon into the school’s gym which serves as a warehouse for supplies. Shortly after, they carry jugs of hot water to be used for an evening bath.
午後2時30分。この避難所に駐留する沖縄の自衛隊員が、供給品の倉庫となっている学校の体育館に、インスタントのきつねうどんが入った段ボール箱を運び込んだ。彼らが次にトラックから降ろしたのは、風呂に使う湯の入った容器だった。

A group of dentists arrive at the shelter to inspect the dentures of some of the residents. Doctors and counselors make regular visits to ensure everyone’s physical and mental well-being. Volunteers do everything from cleaning the portable toilets, taking the elderly to run errands and playing with the children.
数名の歯医者が避難所にやって来た。避難者の入れ歯をチェックするためだ。また、避難者の心身の健康を確保するために、医師やカウンセラーも定期的に避難所を訪れている。さらにボランティアの人々は、簡易トイレの掃除からお年寄りの雑用の付き添い、そして子どもの遊び相手まで何でもこなす。

At 5:30, dinner is served. Evacuees line up and pile styrofoam bowls of rice, cucumber salad, watermelon and packaged onigiri onto makeshift plastic and cardboard trays and shuffle back to their living areas to eat with their family. Suzuki hands beer to those of legal drinking age. One resident smiles and slides two cans into her apron pockets. It’s not fine dining, but there is enough for everyone.
午後5時30分、夕食。列を作る避難者が、白米やキュウリのサラダ、スイカの入った発砲スチロール製の皿やおにぎりをプラスチックや段ボールの手製のお盆に乗せ、家族と一緒に食事をするために「家」へと戻る。鈴木さんは、飲酒年齢に達している避難者たちに缶ビールを配っていた。1人の避難者がいたずらな笑みを浮かべながら、エプロンのポケットに2本のビールを滑り込ませた…すべての避難者に行き渡る食糧は確保されている。無論、決して豪勢な食事とは言えない。

After dinner, students head upstairs to a small room with square modular shelving on each side and a table in the middle. Five students are crammed into the 60 square foot space to study with no computers and no internet.
夕食後、5人の学生たちが階上にある小さな部屋へと向かった。部屋の両サイドには四角い組み立て式の本棚が設置され、中央にはテーブルが置かれている。コンピューターもインターネットもない4帖ほどのスペースで、彼らは肩をぶつけ合いながら勉強をするのだ。

Just steps outside, some other students are treated to a special lesson in the multi-purpose room, equipped with folding chairs and tables. On one side, folded ping pong tables separate it from more living spaces. Empty supply boxes are stacked to create two more walls. On this particular night, a few soldiers from Japan’s Self-Defense Forces are teaching the kids Sanshin, an Okinawan style of the shamisen.
そのすぐ隣の多目的ルームでは、数人の学生のために特別な体験教室が開かれていた。折り畳みのイスとテーブルを備えるこの部屋の片側には折り畳み式の卓球台があり、それがこの階にある避難者の住居スペースとの間仕切りとして機能している。そしてさらに2つの壁が、空になった段ボール箱を積み重ねて作られていた。今夜、数人の自衛隊員が子どもたちに教えているのは、三味線に似た沖縄の楽器の三線だ。

At 9:00 p.m., it’s lights out. The sound of rustling blankets and snoring returns to the dojo as solar powered portable lights illuminate the walkways. Most of the residents call it a night. Some sit outside, smoking a cigarette and talking amongst each other.
午後9時、消灯。ソーラー式のポータブルライトが通路をぼんやりと照らすなか、いびきと毛布の擦れ合う音が再び道場に戻って来た。ほとんどの人はすでに床の中だ。だが、屋外でタバコを吸ったり、話をする避難者もいる。

The future is unknown for these evacuees. Many are not sure if they can stay. Government officials have yet to make a decision on whether or not the residents can rebuild in the tsunami zone or if they must relocate. For Suzuki, Minamisanriku is his home. “I wish I can stay in my hometown.” he said, “This is where I was born.”
避難者の明日は見えない。この地に留まれるかどうか、わからない人がたくさんいる。津波に襲われた地域に家を建て直せるようにするのか、あるいは引っ越しを強制するのか、政府の判断はまだ下されていないのだ。鈴木さんにとっての家は南三陸町しかない。彼は言った。「他へは行きたくない…ここはぼくが生まれた町なのだから」